シャンプーをする前に頭を蒸らし、育毛剤の浸透を上げる

薄毛にはロゲイン

育毛剤ばかりに頼り切ってしまう育毛はお勧めしません。なぜなら育毛は複合的な要素が重なって、成功するからです。

もちろん育毛薬や育毛剤の役割はかなり大きいですが、やはり毎日のシャンプーやマッサージ、栄養、運動などのケアによっても、毛の太さが変わってきます。

そこで、日々の育毛をさらに磨き上げようと思い、最近は風呂に入る前に頭を蒸らすようにしています。

毛穴を広げてミノキシジルを毛根に浸透させる

頭を蒸らす目的は毛穴を広げて、毛根の脂を浮きだたせ、育毛シャンプーでしっかりと洗い流し、そして、育毛剤の浸透を上げるためです。

育毛剤の浸透率は非常に低く、数パーセントと言われています。ですからミノキシジルが濃い、NR-10などを使用しても、かなり薄くなった状態で浸透しているそうです。

せっかくミノキシジルが濃い育毛剤を使っても、毛根に届いていないのはいただけません。

そこで、頭を蒸らして毛穴を広げ、育毛剤の浸透を挙げています。これはやってみるとわかりますが、育毛剤が以前よりも浸透しているのがわかります。ジワ~っと毛根に入っている感じがします。

育毛剤を浸透させる

頭を蒸らすのはとても簡単で、タオルを水で濡らし、電子レンジで一分ほど温めれば、蒸らしタオルが出来上がります。このタオルを生え際と頭頂部に上手く置いて、5分ほど待ちます。

そうすると頭が熱くなってきますので、軽くマッサージをして、風呂に入りシャンプーをします。たったこれだけのことですが、日々の積み重ねによって更に毛が太くなるよう続けたいと思っています。

育毛頑張りましょう!

スポンサードリンク
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

コメントを残す