薄毛・ハゲを正面から向き合って対策をすれば薄毛は治る

薄毛にはロゲイン

薄毛になった人の多くは、いろんな育毛剤を頭皮に塗布したり、育毛シャンプーにすがります。私自身もそうでしたが、ジワジワと髪が薄くなっていきました。いつか生えるはずと願いながら過ごしますが、薄毛は進行するばかりです。

そうなると薄毛を克服しようとする気持ちが無くなったり、対策を研究しなくなってしまい諦めモードに入ります。「俺はもういいや、一生禿げで暮らしていくよ」と半ば投げやりな状態で残りの大事な人生を過ごします。

しかし、私は諦めずに育毛をいろいろ研究していますし、実際に薄毛と言われるレベルは何とか脱出しています。薄毛になるとあまりにもデメリットが多すぎて、このまま薄毛を進行させるのはあまりにもリスクがあると思ったのです。

市販の育毛剤をいろいろ使ってみたものの…

私も薄毛が信仰し始めた頃、市販の育毛剤や育毛シャンプーに頼りました。育毛シャンプーを使えば髪が生えてくるような広告、育毛剤を塗布すれば薄毛が治る広告など、目を皿にして読み込みました。

しかし、薄毛はジワジワと進行してしまい、一向に薄毛が回復には向かいませんでした。毛髪を研究する権威の先生や専門家は、育毛に必修の条件を下記のように提唱しています。

  • キチンとした食事
  • 十分な睡眠
  • 適度な運動
  • ストレスをためない

薄毛が進行しているときにこの必修条件を読んだとしても、ピンと来る人は殆どいないでしょう。当たり前すぎて、薄毛が回復するとは思えないのです。しかし、この提唱はまさに育毛の王道で、これを守ることで育毛の効果は全然違います。

この王道中の王道を極めながら、育毛剤や育毛薬、育毛マッサージ、育毛シャンプーなどを組み合わせて、鉄壁の薄毛対策をするのがベストな選択です。

薄毛対策の育毛として一番効果が高いのは、育毛薬のプロペシアです。プロペシアを飲まないのと飲むのでは、育毛の結果には雲泥の差が出ます。しかし、プロペシアを飲むだけでは、我々薄毛に悩む人間の心を完全に癒すことはできません。

薄毛にはプロペシア

育毛薬のプロペシア、育毛剤のロゲイン・NR10、運動、食事、睡眠などをしっかり組み合わせて、3か月ほど経過したときに、はっきりと薄毛が治ってきたと確信しました。

ショッピングモールのトイレで見た自分は、禿げかかった中年でした。しかし、プロペシア・ロゲイン・食事・運動・睡眠のおかげで、トイレの鏡に映った自分は、明らかに髪が増えていました。

また、薄毛が信仰している際の他人の目は、私の薄毛にいきがちでしたが、この頃から他人の目が私の薄毛にいく回数が減っていました。ここから私は、育毛に関して更に自分の体を使って、いろいろ試すようになりました。

スポンサードリンク
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

コメントを残す