育毛には健康維持が切っても切れない関係

病気による薄毛

漢方には「髪は血余」と呼ばれる概念があります。血液は体内の隅々まで回って、栄養を細胞に送っています。いろんな細胞を回った余りの栄養分が、髪の細胞に行くために血余と呼ばれます。

体はいつも健康とは限りません。風邪をひくこともあれば、何らかの病気にかかることもあります。体は病気を治すために、栄養を血液に乗せて送り込もうとします。すると髪を作る細胞への血液は減ってしまいます。

髪の生産よりも体をリカバリーさせることが重要なので、病気によって髪が薄くなることは理論的に正しいのです。慢性的な内臓虚弱を抱えている人が、薄毛になってしまうことはよくあります。

特定の大きな病気を抱えていなくても、どこかしら調子が悪かったりします。長時間労働や厳しいノルマ、勤務先でのストレスなどが体に変調をきたし、この変調を治すために血液が使われます。

病気による薄毛

髪に回ってくる血液は栄養分が乏しい血液になりますので、必然的に髪への栄養分は不足します。抜け毛まで進行しなくとも、髪が細くなりますので全体的に薄く見えてしまいます。

髪の本数も大事ですが、髪が細くなることで薄毛に見えてしまいます。そこで、髪を太くするために健康増進と血余増加が非常に大事になります。

健康増進には、十分な睡眠、栄養のある食事、適度な運動、ストレスをためないが必修です。薄毛を克服するための育毛と健康増進には、とても密接な関係があります。健康増進なくして育毛は成り立ちません。

スポンサードリンク

メタボが原因で病気を発生し薄毛が進行

30代になると基礎代謝が落ちてしまい、体重がどんどん増えてしまいます。体重が増えてメタボになってしまうと、いろんな病気を誘発します。

メタボリックシンドロームがきっかけとなって引き起こされる危険性のある生活習慣病には、糖尿病・高血圧症・脂質異常症・虚血性心疾患・脳血管障害・高尿酸血症・腎臓病・認知症・がんといった病気があります。

病気による薄毛

こういった病気によって、本来髪が受け取るべき栄養が病気を回復させるために使われてしまい、薄毛を進行させてしまいます。メタボの方は後々薄毛になる可能性が高いので注意が必要です。

育毛によって髪を復活させると同時に、体を健康にして人生を充実させましょう。

スポンサードリンク
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

コメントを残す