薄毛を防ぐ健康的な頭皮を保つための秘策は「う・な・は・た・け・つ・せ」

頭皮と薄毛

薄毛治療、頭髪ケアと聞くと髪のことを気にしがちですが、我々の様な薄毛に悩む人間は、頭皮を気にしなければいけません。頭皮こそが髪を生やす土台ですので、健康的な頭皮を作るのが、薄毛に悩む我々の仕事です。

かといって頭皮を健康的にするために、むやみに育毛剤を使えばいいのではありません。食事・体調・ストレス等にも十分注意し、毎日の地道なケアが頭皮のトラブルを防ぐことが、太い髪を生やす事に繋がります。

太い髪がモリモリ生えてくると言う健康な頭皮は、「う・な・は・た・け・つ・せ」という言葉で表現できると言います。

」は潤いの「う」、「」は滑らかの「な」、「」は張りの「は」、「」は弾力の「た」、「」は「血色・血行」の「け」、「」は「艶」、「」は「清潔」

「潤い」と「滑らかさ」は角質層の水分と脂分の量で決まります。健康的な頭皮の皮脂の水分量は16~20%です。汗腺から出る適度な汗と皮脂腺の皮脂が混じった皮脂膜によって保たれています。

頭皮の構造

頭皮の張りと弾力は真皮の膠原繊維(膠原繊維)と弾力繊維が関係します。紫外線に当たると、この線維細胞作る素である繊維芽細胞が正しく働かなくなってしまい、梁や弾力が低下し、固くなってしまいます。

頭皮が硬くなってしまいますと、「血行」にも大きな影響を与えます。血行が良ければ毛細血管にしっかりと栄養分が乗りますので、頭皮の隅々まで栄養が行き渡ります。

栄養がしっかりと行き渡れば、細胞が活発化して働きがよくなります。逆に血行が悪いと頭皮の老化が早まってしまい、抜け毛に繋がります。さらに生き生きとした艶があり、清潔が条件です。

健康な頭皮が保たれないと、フケやかゆみが出てしまい、抜け毛が多くなります。頭皮を健康的に保つために、「う・な・は・た・け・つ・せ」を実行していく必要があります。

スポンサードリンク
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

コメントを残す