最強の育毛薬であるプロペシアを飲まずして薄毛は克服できない

プロペシア

今でこそプロペシアと言えば、育毛の薬の中では当たり前ですが、私が当時使い始めた頃は半信半疑でした。今のようにAGAクリニックなどが無く、ネットの情報だけで飲むか飲まないかを判断するしかありませんでした。

しかし、ロゲインやリアップなどの塗布する育毛剤だけでは抜け毛が止まらないため、藁をもすがる思いでプロペシアを飲み始めました。

プロペシアを飲んでいる人は、当時ある程度の人数いましたが、ミノキシジルタブレットを飲んでいる人は今ほど多くなかったと思います。プロペシアとミノキシジルタブレットは基本的に効果が異なります。

私は一気に髪を復活させたいと思い、プロペシアとミノキシジルタブレットの両方を飲み始めました。

プロペシアの成分と効果を知れば飲まずにはいられない

薄毛が進行しつつあり、何とかしたいと思っているのであれば、すぐにプロペシアとミノキシジルタブレットを購入してください。育毛には欠かせない薬だと私は思っています。

プロペシアはフィナステリドを有効成分とする商品名です。日本では2005年から万有製薬が販売を開始した、男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。

このフィナステリドは元々は前立腺肥大症を抑える薬として、アメリカの食品医薬品局が1992年に承認したプロスカーと言う名前の薬です。プロスカーの臨床試験をしている際に、「髪が生えてきた」という報告がありました。

そこで薄毛の治療薬として研究され、1997年に認可されました。

ここからフィナステリドは世界でも類を見ない「飲む発毛剤、飲む育毛剤」として、再現性と実効性が確認されました。現在では世界中の保険危険が承認する薬にまで成長しました。

フィナステリドの作用
フィナステリドの作用は、体内で過剰に分泌されたテストステロンが、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換するために必要な5α-還元酵素Ⅱ型の働きを阻害し、結果として悪玉男性ホルモンDHTの酸性を防ぐものです。
万有製薬の調査では、プロペシア(フィナステリド)を1年間服用した人のうちで、60%の人に髪が生え、残る40%の人には現状の薄毛をストップさせたと言う結果が出ています。 プロペシア(フィナステリド)を服用しても薄毛が止まらなかった人は、数パーセントほどしかいなかったのです。 フィナステリド・プロペシア また、プロペシア(フィナステリド)を3年間飲み続けた人の80%は、薄毛が改善していると言う報告があります。この結果から、プロペシアを飲まない理由はどこにもないことがわかります。 私自身もプロペシアを飲み続けていますが、禿げることなく髪を保っています。自分の髪を維持するための経費として考えていますので、プロペシアなしでの生活は考えらえません。

ただ、プロペシアは製造国や為替によって価格が変動します。また、日本国内で買うと結構な値段がします。一箱1か月分(28錠)で5,000円以上は痛い出費です。そこでお勧めするのがジュネリックのフィンペシアです。

プロペシア(フィンペシア)は薄毛にとって天使のような育毛薬

私はプロペシアとフィンペシアを毎月交互に飲んでいますが、育毛に何の支障もありません。価格も100錠(3ヵ月分)で3,200円ほどですので、プロペシアよりも随分お得です。

プロペシアの価格がきつい方は、フィンペシアに切り替えて我々の大事な髪を守り抜きましょう。

プロペシア、フィリペシアの購入は下記から可能です。

  1. プロペシア(アメリカ版)1mg
  2. フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠(キノリンイエローフリー新タイプ)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
スポンサードリンク
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

コメントを残す