薄毛を克服するには育毛シャンプーと育毛マッサージが欠かせない

育毛シャンプーと育毛マッサージ

薄毛を克服するために育毛薬や育毛シャンプーを使っている方は沢山いますが、育毛マッサージにしっかり取り組んでいる方は意外に少ないです。育毛薬だけで薄毛を克服すは出来ません。

毛母細胞にしっかりと栄養分を送り込むために、頭皮全体の血行を促進する必要があります。そのためには育毛マッサージが欠かせません。

育毛シャンプーと育毛マッサージ

人間の髪は1日に50本ぐらい抜けると言われています。毎日50本抜けますが、若い頃は禿げません。それは、新しく生えてくる毛「新生毛」によって支えられているからです。薄毛が始まったころは、抜け毛に一喜一憂します。

抜けてくる毛に注意を払うのは当然ですが、もっと注意を払わなければならないのは、抜け毛の後に生えてくる新生毛です。この新生毛をしっかりとケアして、太くし、長く頭皮から抜けないようにするかが大事です。

この新生毛はとてもデリケートな毛なので、手荒く扱ったり、不潔にすると簡単に抜けてしまいます。そこで、我々が大事にしなければならない新生毛を育てるための育毛法を解説します。

新生毛を頭皮に長く定着させるためのシャンプーとマッサージ

シャンプーと聞くと髪を洗うイメージがありますが、育毛に置ける第一の目的は毛穴に詰まった脂や汚れを落とすことです。

我々のような薄毛に悩む人間が着目するべきは頭皮です。頭皮をいかに健康な状態保てるかが勝負です。髪を洗うのではなく、頭皮を洗い、マッサージをすることで頭皮の血行を良くして髪を生やします。

頭皮を健康にするためのプロセス

icon-arrow2-gr 育毛プレトリートメント

ホホバオイルやクレンジングオイルを頭皮に浸透させ、毛穴に詰まっている脂や汚れを浮き出させます。このオイルを塗布するのは、頭皮から脂を摂りすぎないようにする目的もあります。

icon-arrow2-gr育毛洗髪

ホホバオイルなどによって毛穴に詰まった脂を浮き出させたものをシャンプーで洗い落とします。シャンプーは1度ではなく2度洗髪します。

1回目は指の腹で軽くマッサージをしてクレンジングします。2回目は指頭で頭皮をしっかりと掴みながらマッサージをメインに行います。頭皮を洗う際、爪を立ててはいけません。必ず、指の腹と頭を使います。

育毛シャンプー

そして、しっかりとすすぎをします。シャンプー等が残ったままだと、毛穴がつまってしまいますので、しっかりとすすぎをして洗浄します。

icon-arrow2-gr育毛アフタートリートメント

シャンプーをした直後の状態は、毛穴がすっきりして開いています。このときに育毛剤を浸透させます。育毛剤をしっかりと浸透させながら、育毛マッサージを行います。

icon-arrow2-gr禿げないための育毛シャンプーと育毛マッサージ

スポンサードリンク
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

コメントを残す